categories

 

links

お気に入り♪

つぶやく

ぺそぎん

カーソルをおいてみてね☆

グリムス

おすすめ

recent comment

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

archives

2015.08.07 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2012.01.25 Wednesday

    旧正月

    0

      韓国では、新暦の1月1日はただの休日。
      「遊びに行く」お正月ですが、旧暦の1月1日は「帰省する」お正月。
      家族(というか一族?)で集まって過ごします。
      今年は23日が旧正月でした。



      田舎の家から見た初日の出(?)


      朝は「チャレ(茶礼)」という、先祖に供え物をして礼をする儀式から始まります。

      お供え物完成図。
      うちは義母がカトリック信者なので、これでも略式です。
      (チャレ自体は儒教の儀式です。)


      果物は上下を平らに切って、木の器に盛ります。
      うまくバランスをとっているように見えますが、実は爪楊枝を挿して固定しています。
      後ろのナムルも山盛り。高さが豊かさの象徴だといいます。


      日本ではまずお目にかかれない、頭のついた鶏。

      チャレのあと、このお供え物が朝ごはんになります。


      ご飯を食べて、片付けて、ちょっと休憩してからお墓参りへ。
      最近は共同墓地も増えてきましたが、うちは昔ながらの「サンソ(山所)」という、山の中にあるお墓です。
      なので、車で20分ほど行って山のふもとに車を止め、3分ほど登山して(笑)、お墓に行きます。
      お墓はミニ古墳のような、こんもりした山形で、芝が一面に張ってあります。
      (って書いても、実物を見たことのない人にはイメージしにくいでしょうねえ。次は写真撮っておこうっと。)
      ここでも簡単な礼をして、下山します。


      お昼はトックク。
      お餅の入ったスープです。

      トックク用のお餅はうるち米でできていて、ソーセージを斜めに切ったような形をしています。
      写真では見えませんが、マンドゥ(餃子)も入っています。
      中部地方ではマンドゥ入りも普通ですが、南のほうに行くとマンドゥ自体をあまり食べないそうです。


      旧正月は、普段は遠くに住んでいる親戚が一同に集まって、お嫁さんたちは料理を作ったり出したりでてんやわんや…のはずなのですけれど。
      うちは遠くから来る親類もなく、集まるのはパパの3人兄弟とその家族だけ。
      しかも、3人とも同じ市内に住んでいて、月に2、3回は顔を合わせているので、どうも「お正月気分」というものにはならないのです(笑)


      子供に韓服を着せて、せめてものお正月気分演出を試みる…。


      2011.11.19 Saturday

      韓国の秋の締めくくり、キムジャン

      0
        11月に入ると、韓国の市場には白菜の山が出現します。

        その理由は…キムジャンの季節だから。

        キムジャンとは?
        冬になる前に、冬の間食べるキムチを作っておくこと。
        今は冬でも野菜が出回っているので(高いですけど^^;)昔ほどたくさんは作りません。
        それでも、白菜50株くらいは普通なようです。

        義母の家でも、キムジャンしました。
        作業中は写真が撮れなかったので、終わってから撮ったものですけれど。


        白菜を縦に4つに切って、塩水に漬けたもの。
        これは普通のキムチを漬け終わって、白キムチ用に残しておいたものです。
        はじめはこれの2.5倍くらいの量がありました。

        この塩漬け白菜の葉の間に、唐辛子の粉、にんにく、大根、ねぎ、小エビの塩漬け、梨、玉ねぎなどで作ったペースト(ヤンニョムといいます)を塗っていきます。
        一人ではとてもできませんので、近所の人たちが手伝いに来てくれていました。


        できあがって、容器に詰められたキムチ。
        こういうのが…


        …いっぱい、できます。
        写真ではシートの右側にスペースが空いていますけど、ここにも同じような容器が積まれていました。

        似たような容器なのは、キムチ冷蔵庫専用容器だから。
        そう、韓国にはキムチ専用の冷蔵庫があるんですよ。
        普通の冷蔵庫だと、開け閉めするたびに温度が上がってキムチが発酵してしまうのですが、キムチ冷蔵庫は上から蓋を開けるようになっていて、キムチ保存にちょうどいい温度を保ってくれます。

        義姉と義弟の家にはキムチ冷蔵庫があるので、それぞれ大量に持って帰りますが、うちにはありません。
        それでいて、うちの家族は浅漬けタイプが好きなので、義母の家から少しずつもらっていって食べています。

        そして、キムジャンのハイライト、スユク!

        スユク―――作りたてのキムチと、茹でた豚のばら肉。
        できたてキムチは、かなりしょっぱくて辛いのですが、茹で肉と一緒だといくらでも食べられちゃいます。
        男性陣は、これをつまみに焼酎を一杯やったりして。

        これがあるから、キムジャンやるのかも…(笑)
        おかげで、この季節には八百屋さんだけでなく、お肉屋さんも大忙しです。


        キムジャンが終わると、ああ冬が来るな、と思います。

        2011.11.11 Friday

        ペペロデー当日

        0


          今年のペペロ。
          一番右は私が買ってきたもの。
          その隣のベージュ色のは、息子が私に買ってきてくれたもの。
          あとは娘が幼稚園でもらってきたもの。
          幼稚園バッグにいっぱい入っていたペペロ…最近はお母さんたちのほうが気合入れて準備しているようです(笑)


          2011.11.10 Thursday

          ペペロデー&合格祈願

          0

            11月11日は「ペペロデー」。(「ペペロ」は日本でいう「ポッキー」です。)
            友達同士で(同性、異性問わず)ペペロをプレゼントしあいます。
            数字の1がペペロの形に似ていることが由来だそう。

            以前は普段売られているペペロをプレゼントしていましたが、最近はどんどんエスカレートして、細長いチョコレート菓子がたくさん登場。
            下の写真は近所のパン屋さんで撮らせてもらったのですが、見慣れたペペロの姿はどこにもなく、プレゼント用のお菓子がずらっと並んでいます。
            (以前はそもそも、パン屋さんでこういうもの売ってなかったのに…。)


            特に今年は2011年、1が6つ並ぶということで、お菓子業界では「ミレニアム・ペペロデー」と銘打って宣伝に力を入れています。
            「だから何?」と言ってしまえばそれまでなんですけどね…。
            まあ、今年も業界の陰謀に乗ってみまして。2枚目の写真の左上、青い箱のお菓子を買ってきました。
            お店のおばさんおすすめの、普段でも売っているチョコレート菓子です。(日本の「小枝」に似てるかな。)


            ペペロの勢いに押され気味ですが、後ろのほうにはこんなお菓子セットも。
            今日は大学入試の第1関門、修能試験の日だったのですが、受験生へのプレゼント用のお菓子です。
            「(試験に)受かる」を韓国語では「くっつく」と言うので、くっつきやすいお餅や飴をプレゼントします。
            この写真はかなり高額のセットですが、こういうのもあれば、駄菓子のようなものもあって、それぞれのお財布事情に合わせて「頑張れ!」という気持ちを表現するのですね。



            2010.07.04 Sunday

            今夜は焼肉!

            0

              韓国の人たちは、何かというと外で焼肉をするのが好きです。
              カルビやロースも食べますが、いちばんよく食べるのはサムギョプサル(ばら肉)。
              (広範囲な)家族が揃ったところで、今日の夕食は玄関前で焼肉です。


              実は外から丸見えなのですが、そんなこと全然気にしません。
              誰か知り合いが来たら、ちょっとごちそうすればいいまでのこと。(向こうも声を掛ければ「食べて行って」と言われるのがわかっているので、そうそう来ることもありません^^)


              延長コードをつないで、外に電気パンを持ち出して。
              サンチュやパジョリ(細く切ったねぎをコチュジャンなどで和えた物)も持ってきて。
              日がかげってくると涼しい風が吹いてくるので、天然エアコンの中での夕ご飯でした。


              2010.04.05 Monday

              永住権取りました

              0
                今までは居住(F-2)ビザで2年ごとに更新していたのですが、今回の更新では永住(F-5)ビザを申請しました。
                永住権を取ると、もうビザの更新はなし。外国に行く場合でも、1年以内なら再入国許可を取る必要がありません。(いや〜、今まで結構面倒でしたもの。時間もお金も書類をそろえる手間もかかりましたしね。)
                実は私、永住ビザのことを知らないでいまして。韓国籍を取らない限り、2年ごとに更新しなきゃいけないものだと思っていました。
                なんですが、うちのお隣さんが中国人で(でも朝鮮族の方だから韓国語もペラペラ)、ある日、こういうのもあるのよーと教えてもらったんです。
                財産が3000万ウォン以上なくてはならず、財産証明のための書類を準備するのが多少面倒と言えば面倒でしたが、これで最後と思えば楽なもん!
                3月中旬に、夫婦(+のん子)で出入国管理事務所に行って書類を出して来ました。
                以前は書類+夫婦でインタビューもあったそうですが、今年から大幅に簡素化されて書類審査のみ。
                金曜日に申請が許可されたと電話が来て、今日新しい外国人登録証をもらってきました。
                登録証も、写真も古くなってたし、引っ越して住所が変わったのが裏の変更欄に記載されていたり、何度も更新して更新欄がもうなかったり……要するに古くなっていたので、新しいのにできてちょうどよかったです。

                申請したときに、10日ほどで取れると聞いていたのに、なかなか連絡が来なくてちょっとどきどきしてました…。3週間待ったよ!
                その間、パスポートと外国人登録証は出入国管理事務所に預けて、預けましたよという書類が唯一の身分証明書。結局出番はありませんでしたけど、なんだか心許ない3週間でした。
                あ〜、でもこれで、出入国事務所には当分行かなくてすみます。わーい♪



                2010.03.14 Sunday

                のり巻きまきまき

                0

                  義母の家に行くと、義姉がのり巻き(キムパプ)の準備をしていました。
                  韓国でのり巻きと言えば、お弁当の代名詞。日本のおにぎり的な存在です。
                  なんでのり巻き? 遠足? ピクニック?? と思ったら、「急に食べたくなったから」というのが正解でした。


                  中に入れる具は、ハム、にんじん、沢庵、玉子焼き、ごぼう、ほうれん草。一部にチーズ。
                  ハムと卵は焼いておき、にんじんとほうれん草は茹でておきます。ごぼうも煮付けたのかな? 
                  みんな細長くしておきます。
                  床に座って作業するのが、やっぱり韓国スタイル(笑)

                  実は私、のり巻き作るのは初めてです。
                  みー坊の遠足の時は、近所の粉食店(プンシク=韓国食のファーストフードとでも言いましょうか)で作ってもらってました。
                  そのほうが早いし安いしおいしいし…。(1本1000ウォン(=80円しない))
                  1本しか持って行かないのに、これだけの下準備、やってられませんもの〜〜。

                  ともかく、見よう見まねで海苔の上にご飯を載せ(ご飯はごま油と塩、ごまで味付けがしてあります)、具を載せて、まきまき。
                  すのこが足りないので、私は手で巻いて、義姉にすのこで仕上げをしてもらいました。


                  巻き終わったのり巻き。
                  どれが私が巻いたものかはわかりませんが…。


                  食べやすい厚さに切って、食卓へ。
                  のり巻きとお汁が今夜の夕食になりました。(そして明日の朝ごはんも…)
                  野菜もたんぱく質も一度に摂れて、食べるのは簡単なんですけどね……自分で作るのは、もう少し先になるでしょうか。
                  でも一度やってみましたから、いつかは!


                  2010.02.28 Sunday

                  今日の収穫

                  0

                    春の七草のひとつでありながら、日本ではもう食べなくなったナズナ。
                    でも、韓国では今でも、春の味として親しまれています。
                    2月中旬くらいになると、おばあさん達が自分で採ってきたナズナを市場で売っていたり。

                    今日はうちの家族と義姉家族が義母のところに集合。
                    暖かい日が続いて、そろそろナズナ採りができるんじゃない? という話になって。
                    義母の家から車で10分ほどの、田んぼへGO〜!(自分の田んぼでもないのに…^^;)
                    ナズナ畑なんじゃないかと思うほどたくさん生えていて、30分ほどでビニール袋3袋がいっぱいになりました。


                    採ってきたナズナを、大きなたらいで洗います。


                    2010.02.12 Friday

                    もうすぐ旧正月、なのに?

                    0

                      13日から旧正月の連休に入ります。
                      …が。
                      どうも、雰囲気が盛り上がらないんですよねー、私の中で。
                      数日前、新聞を読んでいて、ふとその理由に気づきました。

                      ないんです、広告が。

                      旧正月、旧盆と年に2回民族大移動(帰省ラッシュ)が繰り広げられる韓国。
                      移動の際、お土産は必需品。
                      そのお土産用の、日本で言うならお中元、お歳暮用の贈物セットの広告が、いつもなら「もういいよっ!」というほど入ってくるのに。
                      新聞の折込チラシだけじゃ足りなくて、団地の家々のドアにまではりつけて行ってたのに。

                      今回、ゼロです。私の見た限りでは。

                      やっぱり、スーパーも不況で経費削減なのか…。
                      あれ、そういえば最近、スーパーの広告自体見かけなくなった…!

                      世の中、そんなに不景気なんですか…。

                      ちなみに、今年のバレンタインデーは見事に旧暦1月1日。
                      チョコレート売り場も、例年より控えめな感じがします。


                      2009.12.13 Sunday

                      ぬくぬく♪

                      0


                        しばらく冬らしくない、暖かい日が続いていましたが、また寒波がやってきました。
                        こんな日にはお布団に限ります。
                        韓国の家はオンドル(床暖房)なので、布団を敷いておくと布団が温まります。
                        そこに足をつっこんで、即席こたつ状態。
                        あったかいんですよ〜。一度入ったら出られません(笑)


                        | 1/5PAGES | >>