categories

 

links

お気に入り♪

つぶやく

ぺそぎん

カーソルをおいてみてね☆

グリムス

おすすめ

recent comment

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>

archives

2015.08.07 Friday

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • -
    • -
    • -
    • -
    • -

    2007.02.25 Sunday

    出産の記

    0
      11日の午前1時ころ。お腹の痛みが3〜5分間隔になってきたので、病院に電話して、準備して出発。
      みー坊は「眠いのに…」と文句を言いつつ、ちゃんと起きてついてきました。(「眠いのに…」は私の本音でもありました。もうちょっと寝かせてほしかった。)

      病院につくと看護師さんが待機していて、すぐ準備に取り掛かりました。
      ガウン1枚に着替えて、血圧や心拍数測定、胎児の心拍数測定、剃毛など。
      私も2度目なので、うーん、前もこんなのやったよなーって感じで看護師さんのされるがままにしていました。
      準備が終わって待機室の外に出ると先生も来ていて、来るように言われたのは手術室。
      …あれ、ブイバックはやってくれないんですかー?
      とは思ったものの、眠かったし、これからまた何時間か痛いのをこらえるのも面倒だったので(爆)、おとなしく手術台に上がりました。

      背中(腰の辺り)に麻酔薬を入れるため、麻酔科の先生の指示通り、横向きで体を丸めます。が、お腹が大きいので一苦労。(もともと体固いし。)しかも先生が何をしているのか見えないので(「これから〜しますよ」と言ってはくれるのですが)、消毒薬を塗られたり、ちょっと触られたりするだけでもびくびくしてしまって、先生が薬入れるのに苦労してました。(スミマセン…)
      結局、痛いのは麻酔薬を入れる管を通す前にする局部麻酔の注射をするとき、ちくっとしただけでした。

      足のほうから麻酔が効いて痺れてきます。それがだんだん上のほうに上がってきて、胸の辺りで止まりました。
      意識はちゃんとあるし、手も動きます。でもその下はわかりません。
      先生が「気持ち悪くなるかもしれませんよ」と言っていましたが、しばらくしていきなり吐き気が来て、ちょっと吐いてしまいました。
      吐くのも、普通はお腹に力を入れて吐きますよね。でも麻酔のせいでどうしたらいいかわからなくて、吐くのも一苦労。傍から見たら、何かの発作みたいだったかもしれません(笑)。
      …とかなんとかやってる間に手術は終わったようで、ふにゃ〜という産声が聞こえてきました。
      あー、生まれた、と思ったら、しばらくして看護師さんが赤ちゃんを見せに来ました。
      ちっちゃい…。
      看護婦さん、「ちゅv」と、赤ちゃんの顔を私の頬に押し付けてくれました。
      ちょっと感激。

      手術台から降りるのは自力ではできないので、先生と看護師さん3人がかりで、下に敷いたシーツ(?)ごとストレッチャーに移されました。
      そして待機室に移動。
      一眠りして(よく覚えていないのですが、ちょっと寝たような気がします)目を覚ますと、義母や義姉夫婦や義弟、みんな揃っていました。(子供たちは夜なので来ませんでしたが)
      麻酔がだんだん切れてきて、手術跡が痛み始めます。
      うー、来たよ。
      それでも、じっと寝ている分にはそんなではありません。

      そのうち看護師さんが赤ちゃんを連れてやって来て、「カンガルーケアしますね」と赤ちゃんを胸の上にのせてくれました。
      カンガルーケアは、日本でのほうが有名でしょうね。生まれたばかりの赤ちゃんをお母さんの胸の上にじかにのせて、最初のスキンシップを取ります。こうすると赤ちゃんの情緒が安定して、あまり泣かなくなったり、大きくなったときIQが高くなったりするんだとか。
      胸の上の赤ちゃん。ぷよぷよ…何というか、まるでぬるま湯の入ったビニール袋みたいな感触です。
      しばらく背中をなでなでしてから、最初の授乳。出産後30分以内が赤ちゃんが母乳を吸う力が強く、このとき授乳するとその後の母乳育児成功率が高くなるそうです。
      (みー坊のときは母乳で育てられなかったので、今度は何とかして母乳で育てたいと思っていました。帝王切開してもすぐ授乳させてくれるということも、この病院を選んだ大きなポイントです。)
      仰向けになったまま、看護師さんの助けを借りて授乳。ちっちゃいのによく吸います。
      再び、感激…。

      疲れて吸うのをやめると、赤ちゃんはまた看護師さんに連れられて新生児室へ…。

      2007.02.15 Thursday

      生まれました♪

      0
        前の記事を書いてすぐにベッドにもぐりこんだのですが、やっぱりお腹の痛みはだんだん強く、間隔も短くなってきたので病院に行きまして。
        2月11日午前1時55分、帝王切開で女の子を出産しました。
        2930グラム、みー坊が3700でしたから、なおさら小さく感じます。
        頭なんか、大人の握りこぶし大です。
        うー、触るのこわい(笑)

        生まれたらおちおち寝ていられなくなるなーと思ったのですが、こいつがよく寝る子でして。
        病院で、結構暇でした。
        まあ、私がすることと言えば授乳程度で…付き添いの義母は大変だったかもしれません。

        病院でのできごとも記録しておきたいので、暇を見てブログにアップしていこうと思います。
        (石けん関係も、まとめてないのがいっぱい…。いただきものとか、文化センターで作ったのとか、いろいろあるのに。)


        | 1/1PAGES |